monthly
category
recent entries
recent comments
recent trackbacks
10 | 2005/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
まゆまゆ日記
動物病院での出来事や病院ワンコ&ニャンコの事を動物看護士として感じたこと日記にしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
預かり犬舎の裏側(?!)
セーラちゃんは、18歳の三毛猫の女の子です。
飼い主さんのお仕事の忙しい時は、病院にお泊りです。
先日も週末にかけてお預かりしました。
セーラちゃんは、お預かりの当初おうち以外で、しかも病院に預けられるのがイヤで不機嫌でした。
部屋の掃除のときもゴハンを運ぶ手もイヤで怒っていました。
だったら!と、先生は思いついたように部屋の掃除をするときは、セーラちゃんが病院に来るときのキャリーバッグに入ってもらって、掃除が済んでゴハンを用意したらキャリーバッグから出てもらって部屋に帰る。という流れを考えて実行→成功☆☆
今では、セーラちゃんも気に入っているようで、バッグを出すと自分から中に入って終わってバッグを開けると自分から部屋に戻ります。
本当に「無駄のない動き」「チームワーク」の言葉がぴったりなほどです。
先生は、「セーラちゃんは自分がどうするべきかを年の功(人で言えば85歳)で知っているんだ!」と言っています。
お泊りも慣れてきた様で、なでさせてくれたり、実はバッグに入らなくても掃除もできるようになりました。
しかし、診療室となると別!みたいです。お預かり中に、治療をしようとしたのですが、18歳とは思えない機敏さとパワーで。。
早急に必要な処置ではなかったので、帰りに飼い主さんに抱いてもらって注射をしました。(そのときは、もちろん全然怒りませんでした)
それにしても、掃除の時間のセーラちゃんと私たちの「無駄のないチームワーク」を飼い主さんに見せたいです(*^o^*)


スポンサーサイト
【2005/11/30 12:19】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
いぬのえいがと被露山デート
今日は木曜日なので病院は午後は休診です。
私の今日の午後の予定は、グゥとデートでした。今、帰ってきたのですが。。
病院を出て、登山コースで被露山公園まで行って、車通りの道から帰ってきました。
今日のグゥは男らしく(?)登りはグイグイと引っ張ってくれたので楽ちんだったのですが、帰りの坂道もグイグイと引っ張るので、結局、楽だったのか、大変だったのか。。
そして、前回、公園で見た猿たちを気に入ったのか、真っ先に猿の元へ!目を真ん丸にして、じ~っと見ていました。(猿たちもグゥをじっとみていました)
帰ってきて私の足はパンパンになりつつありますが、グリーンは病院に入った瞬間からダッシュ☆☆☆そのパワフルさには尊敬してしまいます。。

火曜日、TVで「いぬのえいが」を放送していました。
オムニバス形式の映画で、最後の「ねぇ、マリモ」というおはなし。
飼い主の女の子と飼い犬のマリモがそれぞれ、お互いに心のなかで話しかける、というものなのですが。。
その日のグリーンの訓練士さんと「犬は話せないだけで、人間の言葉は理解出来ているよ」という話をしたところだったので、「ねぇ、マリモ」を見たとき、あ~やっぱり!みんなそう思っているんだな。と、確信しました。
オハナやグリーンのイタズラする前のこっちを見る目、目やにやヨダレを拭いてあげた時の満足そうな顔。。
ちゃんとした言葉にはなっていないですが、通じていると感じる事は多くあります。
バウリンガル(古いですね。。)のようにはっきりとした言葉ではなく、こう思っているんだろうと、分かり合おうとするのはいいな。と思う日でした。
【2005/11/17 17:33】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
寒くなりました。
11月に入って、すっかり寒くなってきました。
昼間と夜の温度差も大きいですし、乾燥しているのを感じるようになりました。
この温度差は、ワンちゃんやネコちゃんの身体にも影響があるようです。
そのせいで最近、病院に来るコで多いのは、おなか痛です。ウンチがゆるくなるコが多くて、聴診器を当てるとゴロゴロとおなかの音がするそうです。
お散歩に行くときのお部屋とお外の温度の差は大きい様です。
人間もそろそろジャケットやコートを着ないと寒くて嫌ですよね。
お散歩の時、お部屋やお外の中間の温度というのを作ってあげるといいようです。
また、お散歩時、洋服を着させるのも良いそうです。
特に心臓の悪いコや高齢のコは、気温の差がとても苦手です。
飼い主の皆さんも風邪を引かないように!
みんなで健康に今冬を乗り切りましょうね!!!
【2005/11/11 18:57】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
たまには、マジメに。。
最近、私(病院共々)、若者づいています。

先週の土曜日から動物看護の専門学生の女の子が2週間の研修に来ています。

そして、今日は高校の時の担任の先生の教え子の女の子が、動物看護の勉強をしたいという事で病院を訪ねに来てくれました。
本当にみんな熱心で、イキイキとした目をしています。
なので、無条件に私も力になってあげたいと思わせられる程です。

私たちの時は、動物関係の勉強といえば、獣医師になるための大学に行くか、専門学校に行くか。の、どちらかでした。
今日訪ねてくれた子は、看護の大学を受けたいという事でした。看護という分野を専門学校以上に専門的に勉強するだと思います。
今、求められている看護士像というのは、看護が出来て、トリミングが出来て、しつけについても知っていて。。とオールマイティーなものだと思います。
しかし、これから求められるのは、看護なら看護!と専門性を重視されていくのかもしれません。
トリマーにしても、訓練士にしても同じなのだと思います。
ペットといっても家族そのもの。ですから、ますます人間並みの医療と人間と上手に関係を作れるようにするためのしつけ・トレーニング、美容が必要になってくるのだと考えさせられました。

ペット関係(?)という職業や教育に幅が広がってきて、とてもうれしく思います。
いち飼い主としても、心強いです。
これからもっともっと、ペット、それ以外の動物(産業動物、動物園などの動物、野生動物・・・)が、住みやすい環境になっていく事を願いますし、努力しなければ!!!と思う一日でした。


【2005/11/07 19:47】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
柴犬・ゴンタ
 秋晴れが気持ちのいい日でしたね!!この天気が続くといいです。

病院のお泊りの常連さんに柴犬のゴンタくんがいます。推定13歳。
最近少し、歳を取ったな。。と感じる事があります。特に耳が遠くなったようで、後ろから声を掛けても全然気づきません。
3年前、10歳くらいの時ゴンちゃんは、マンションのベランダだけの生活をしていました。お散歩もなく、ただただベランダの世界。
それを見かねた今の飼い主さんが、預かるという形で引き取ることにしたのです。
仕事に忙しい今の飼い主さんは、しばしば病院にゴンちゃんを預けにきました。長い時で2週間近く。
初めて犬舎のケージに入れた時、本当に狂ったようにワンワンと大きな声でなき始めました。しょうがなく裏のパドックに出すとすんなり静かに。。
その行動は今でも変らずにいます。多分、何か小さな頃にトラウマなのだと思います。
そして、最初のときのゴンちゃんは目が釣りあがっていて、楽しい事も楽しもうとしないという感じでした。
もともと柴犬という気質でクールな面が多いのかなと思っていました。
しかし、去年あたりから私が洗濯物を干しているとずっと、寄り添っていたり(半端じゃなくベッタリ。。)、なでてあげると目をつむっていたり。。人と接するのが好き。
と、すっかり変った気がしました。
特に変ったと思わせる行動は、お預かりをして数日すると外の駐車場に車が止まる度に確認する事です。
「飼い主さんが迎えに来たのかも!!」と走って確認するのです。
それまでは、全くそんな事をしなかったのに突然。
本当に頼れる人、信じられる人がいると知ったのではないかな。。と思います。
そして、最近変ったのは飼い主さん。1週間、10日のお預かりが多かったのですが、最近はお泊りに来ても3日間くらい。確かに、お迎えの時のあの喜びようを見たら、早く迎えに行ってあげよう!!!と、思ってしまうんでしょうね☆
歳を取ってからでも、こんなに幸せに暮らす事ができて本当に良かったな~と感じます。
パドックにいるゴンちゃんを見かけたら、是非声を掛けてあげてください!!!
【2005/11/02 18:39】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
profile

まゆまゆ

links
search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。