monthly
category
recent entries
recent comments
recent trackbacks
07 | 2005/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
まゆまゆ日記
動物病院での出来事や病院ワンコ&ニャンコの事を動物看護士として感じたこと日記にしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
初☆トリミング
私は、専門学校でトリミングの勉強もしたので、手術や往診のない日はわんちゃんのトリミングをしています。
今日は、今日は4ヶ月のmix犬(ヨーキー×パピヨン)のココアちゃんの初☆トリミングでした。
初めてということで、飼い主さんもトリミングを見てみたい!と、おっしゃたので、今日は飼い主さんも参加でした。
ほとんどの場合は、午前中にお預かりをしてお昼にトリミング、夕方にお迎えという形をとっています。
飼い主さんは、お母さんと小学生のおねえちゃん二人、幼稚園かな(?)のおにいちゃんの4人です。
ココアちゃんのおねえちゃんが、ココアちゃんを補てい(抑えてじっとさせる事)してくれてブラッシングのコツなどのお話をしながらトリミングをしていきました。
シャンプー&トリミングは約2時間くらい、看護士としてこんなに長く飼い主さんとお話する機会がないので、いろんなお話が出来ていい機会になりました。
一番上のおねえちゃんが動物に関わる仕事をしてみたい!といってくれてうれしかったです。
初のトリミング、ココアちゃんは緊張できっと今頃、みんなと遊ぶのも忘れて休んでいると思います。。頑張りました!!!
まんなかのおねえちゃんとおにいちゃんに遊んでもらった病院ネコのオハナとにゃかも遊び疲れて、既にケージでグッスリ眠っています。。
トリミングはお店にお任せ!ではなく、身近に感じてくれて楽しいモノになってくれたらうれしいです。

また、オハナとにゃかとあそんでね~\(^^)/
スポンサーサイト
【2005/08/30 18:03】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
台風!
昨日の台風。皆さんは大丈夫でしたか??
雨風がひどかったのは夜中だったので、私は寝て過ぎました。
昨日は、さすがに患者さんの来院は少なかったですのですが、まだ夏休みですのでお預かりのコ達のお散歩があります。
朝は小雨で、みんなルンルンお散歩に出かけました。
みずたまりがそこら中にあり、避けて通るコが殆んどですが、お預かりで一犬(?)みずたまりがあると必ずその中を通るコがいます。もちろんそのコの足は真っ黒。。でも、やめられない癖なのでしょうね。。
グウはというと、彼は小さい時から雨男。「お出かけ」というと雨が降ります。昨日も、グウのお散歩の番になったら小降りだった雨がドシャブリ!!
しかも、雨が苦手なので一目散に病院に戻ってきました。そして不満気な顔で病院のパドックで雨を眺めていました。
夕方は、小降りだった様ですが気乗りしなかったのか、いつもの大興奮さえなく、すぐに病院に帰りたがったそうです。
【2005/08/26 12:11】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
みんな、思っているんですね(^^)
リーちゃんへのコメント沢山いただきありがとうございました。
リーちゃんがいなくなって、2,3日、にゃかは鳴いたりリーちゃんがいた部屋をのぞいたり、探しているようにみえました。
今は、いつものにゃかに戻って、オハナの追いかけられています。。(にゃかは、ネコのくせに身体が硬く運動神経がないので。。お姉さんというよりか兄弟の様な遊びをしています。ちなみに、今は追いかけて噛む。というのがオハナの流行りのようです。)

今日は、セタちゃん(黒ラブの男の子)が、ノミ予防に来ました。その後、グーと遊んでもらって、グーは大満足な顔をしていました。
セタちゃんのお姉さんと話したコトで、おかしかったのが、自分のコは人間の子供と同じ!というコト。
私は、道端などで小さい子がいると、つい「あー、グーとおんなじ事してる~」と思う事がしばしばあります。その話をしていたら、セタちゃんのお姉さんの会社の人と話していると、同僚の人が自分の子供の話をしている時「そうそう、セタもそうだよ!」と言ってしまうそうです。
みんな、思ってるんだ!!!と分かったので、自信を持って「グリーンと同じだ☆」と言えます!
「にゃかと同じだ☆」というのは、よく考えると身体が硬い・運動神経がない・・・という事になってしまいそうなので、さすがに言わないようにしなければ!です。
【2005/08/23 18:34】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
リーちゃん
先日、日記にも書きましたが病院ネコのアメショーのリーちゃんは、癌のため治療を続けていました。
日に日に身体の力が衰えるのが目に見えて、それでも元気が戻ってくれるのを信じて治療をしていました。
しかし、昨日の夜8時ごろ、リーちゃんは天国に行ってしまいました。
息を引き取る時のリーちゃんは、とてもリーちゃんらしかったです。
日曜日でしたので病院は休診日でした。夕方、様子を見に行くと息が少し苦しそうで、意識もはっきりはしていませんでした。お預かりのコたちの夕方の散歩が終わって先生が戻ってきてすぐ、みんながリーちゃんのそばにいる時のに息を引き取ったのです。日曜日という休診日を選んだのもリーちゃんらしいです。
平日の診療時間や手術の時だったらずっと一緒にいられなかったと思います。
リーちゃんは10歳の時に病院にお預かりのネコとして来ました。そして、去年から正式に病院のコになりました。病院のコの中では、ダントツにファンが多かったです!
リーちゃんを可愛がってくれた皆さん本当にありがとうございました。

そろそろ、天国に着いた頃だと思います。
先に天国で待っている元の飼い主さんが迎えに来ていて、リーちゃんは、病院であった事を沢山話しているのだと思います。

そして、このタイミングでオハナが病院のコになったのも不思議な縁と思えて仕方がないのは私だけでしょうか。。



【2005/08/15 20:04】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) |
今週、ピークです。
8月の半ば、お盆の時期がやってきました。
去年は、皆さん夏休みがバラバラだったのか、ホテルのお預かりも一定で、お盆の時期もそう混みあわずに過ぎていきました。
しかし、今年のお盆、今日から来週の半ばまで、満員状態です。
とても申し訳なかったのですが、お断りをすることになってしまったワンちゃんが何件かありました。本当にごめんなさい。。
理想は、いつも生活しているスタイルでお預かりをする事。なのですが、病院ですので、なかなか自由にさせてあげられることは難しいです。
外国のペットホテルでは一犬一犬、ベッド付きの広いお部屋に滞在出きる所やペットシッターの制度がしっかりしていたりします。
日本もそういったお預かり方法が増えてきている様です。でも、まだまだケージレストでのお預かりが主ですので、ケージやキャリーを好き!というような「くせ付け」は大切なのかな。と思います。
ちなみに、病院のグリーンは、オヤツにつられてケージへの「ハウス」を覚えました。イイコでしょ。。(^^ヾ

そして、もう一つ。
犬舎リーダーであるアメショーのリーちゃんが今、癌と戦っています。
あの(?)リーちゃんに食欲がナイ!!!と、血液検査をしましたが、異常なし。では、歯が痛いのでは?!とグラグラと腐ってしまっていた犬歯を一本抜きました。一度、食欲が戻って元気になったかな。と思ったのも一瞬でまた、元気なし。食欲なし。
ある朝、先生がおなかを触って見た所。ないはずの塊がおなかの中にあるそうです。それで、このせいだと分かりました。
今は、お注射で治療しています。
ネコの13歳という年齢は、人間でいうと70歳。
ビックリするくらい痩せてしまい、治療も辛いと思います。
人間の勝手なのかな。。と、考えてしまうこともありますが、今は、好きなものを食べさせてあげて、少しの希望にかけて治療と看護をしていこうと思っています。

【2005/08/12 17:55】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
☆オハナ☆
白猫のオハナが病院で生活し始めて、1ヶ月が経ちました。
拾った方の経緯は、野良猫のコネコのくせに人なつっこくて、ず~っとず~っとくっついて来て、その熱意(?)に負けたのか、保護することにしたそうです。
しかし、既にワンちゃんを飼っている方で、一緒に生活するにはワンちゃんのストレスがとなってしまうということで、その方にお友達のおうちに一時預かり。そこのお家はネコちゃんがいて、そのネコちゃんたちのストレスがに。。
こうして、病院にやってきました。
動物の保護(迷い子の保護)は、いつもOKしているのではありません。
拾った方に責任を持って、里親さんを探してもらうことをお勧めしています。(もちろん、張り紙や呼びかけの協力はします!!)
今回は、なんで了解したのか。。今考えるとだったのか?!
オハナちゃんの新しい飼い主さん探しは、病院の中と外の張り紙と、HPに写真を載せて行いました。気にしてくださる方は何人かいたのですが、決定とまではいかず。。
よく考えると来たその日に、名前を考えてしまったのがいけなかったのか。。病院に来た日は、オハナちゃんは少し風邪気味で鼻チョウチンをプクプク出していました。ハワイ語の「オハナ」と掛けてオハナに。。
病院先輩ネコのリーちゃんともにニャカともすぐに仲良し。特ににゃかはお姉さんになったように舐めてあげていました。
さすがに、グリーンとの対面は、オハナちゃんにとって試練でした。オハナちゃんの10倍はある体重の子犬は、容赦ナシの興味をぶつけてきました。でも、それにも2日で慣れ、今では自分から寄っていきます。(犬舎越しですが。)
そんなこんなで、先生も私もオハナちゃんと離れがたくなり、病院のコになったもらうことになりました。
飼い主さん探しに協力してくださった皆さん!ありがとうございました。
普通の飼い猫とは少し違う生活ですが、みんなと仲良くできるオハナちゃんなので病院ネコを満喫してくれていると思います。
【2005/08/09 10:24】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
あなたはだ~れ?!
昨日(8/5)、午後の診療中に病院の患者さん(飼い主さん)が、自分のワンちゃんたちのお散歩中に一匹のラブラドール・レトリバーを保護して、そのコの飼い主さんが近くにはいないようだったので病院に連れてきました。
細身の女のコでイエローのラブちゃんは、迷子にもかかわらずご機嫌に病院の犬舎に待機。
病院のカルテや、私たちの記憶から「このコでは??」という予想があったので、早速、おうちに電話してみました。しかし、何度かあ掛けましたがお留守で、昨日は結局、身元が分からずお泊りとなりました。
一日お泊りをしたラブちゃんは、それでもご機嫌で朝ゴハンもぺロリと食べて、お散歩もルンルン♪そして、また犬舎で待機。
予想していた飼い主さんとは、朝も連絡が取れず。。
午前の診療が始まってまもなく、予想をしていた飼い主さんが、「うちのコきていませんか?」と来院!
無事に、飼い主さんの元へ帰っていきました。
話を聞くと、お庭に出ていたラブちゃんはいつの間にか、リードが外れて、閉まっていたはずの扉が開いていて、逃げてしまったそうです。しかし、ワンちゃんが一匹でリードを外して、扉を開けて脱走できるはずはないという事なので、誰かがイタズラで逃がしてしまったのではないか。。という事です。
どちらにしても、元気に飼い主さんの元へ帰れて本当に良かったです。
 心配してくださった皆さんありがとうございました。

夏は暑いせいか毎年、一度くらい迷子を保護します。風通しのために窓を開けっぱなしにしてしまうのが原因だったり、花火や雷にビックリして脱走をしてしまったり。。
イヌの登録(狂犬病ワクチンの義務)の必要性の一つが、迷子になった時です。
首輪に登録番号やその年の済票番号を付けるか、記入しておけば、市役所で番号を調べる事で、ワンちゃんは誰か、飼い主さんはどなたか、すぐに分かりスムーズに飼い主さんの元へ帰ることが出来ます。
万が一のために、その様な工夫も大切かもしれませんね!
「うちのコに限って」が一番危ないかもしれません。。

ちなみに、病院のネコとイヌたちは首輪に電話番号と名前の彫ってあるプレートを付けています。



 
【2005/08/06 16:33】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
☆動物看護士の卵さん研修中☆
月曜日から、動物看護士さんを目指した専門学生さんが実習に来ています。とても、初々しくて私も新鮮な気分です!
専門学校では、いろいろな事を勉強します。動物看護学(というのが、ちゃんとあるんです。)、病気、犬種、しつけ、トリミング。。
でも、実際の動物病院の現場で得られるモノというのは、学校で教えてもえることとは違っていたりします。
私は学生のとき、実習をして嫌いだった教科が大切だと知り、勉強しようという気になりました。
彼女も、私たちの病院に実習をしてみて、何か夢に向かって大切な事をひとつでも知ることができたらいいな~と思っています。
【2005/08/02 19:58】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
profile

まゆまゆ

links
search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。